*

言う事聞かない子供でお悩みの方に朗報!

公開日: : 最終更新日:2014/01/24 子供に怒って話, 子供のしつけ, 悩み事 , ,

みなさんっ!!

子供に怒ってばかりのみなさんっ!に朗報です。

 

子供が言う事聞かないで、何度も何度も同じことの繰り返し。

「DSを外にもって行くなっ!」っつってんのに、外に持っていってしまう。

そして、ダンナにゲンコツを食らう。

母に小言を言われる。

「別に持っていくな、とは言ってないでしょ!
アンタが物の管理をきちんと出来るようになったら、DS外にも持って行っていいよって言ってるんだから、キチンと片付けとかしてよっ!」

しかし、次の日にはケロ~っと忘れて、こっそりDSを持っていってしまう・・・・

 

他にもダンナのダンボールに入っているお菓子をこっそり外に持っていく。

10個いりふ菓子一袋丸ごと持って、遊びに行く。

しかし、帰ってきて自転車のかごに、ふ菓子の開き袋が入れっぱなしになってるので、発覚!!

「オレのお菓子黙って持っていくなって言っただろ~~っ!」

ゲンコツ

 

これまた、次の日にはケロ~~ッと忘れて、こっそりお菓子を持っていく兄ちゃんなのであった。

 

なんで、怒られるのにDS持って行っちゃうんだろ?

なんで、持って行ったDSこっそり戻しておかないんだろ?

なんで、おやつとしてお菓子を持たせているのに、ダンナのお菓子まで持っていってしまうんだろ?

なんで、こっそり持っていったお菓子のゴミをわからないように捨てないんだろ?

 

答え・過去の事も先の事も考えず、その場その場の楽しい事しか考えずに生きているから

 

子供ってみんなこうなの?

それともうちの子だけなの?

うちの子ってバカ?

それとも、うちが怒りすぎ?

それともうちが甘いの?

どうすりゃいいだよ~~~

 

そこで、色々検索したら、こんなページ発見しました。

「叱っても言うことを聞かない子ども – livedoor ニュース」

 

「子どもは言うことを聞きません。親は叱り続けるものです。

それで子どもも親も正常です。心配は不要です」と、威勢のいい声がとんだ。

昨年1月に保育園で開催された、子育て講演会での講師の言葉だ。

え?

そうなの?

うちは普通なの?

ホント?

叱られる子どもの方が親から学ぶことが多い。

いたずらや失敗をしない子どもは、親からも他人からも注意や関与をされることが少ない。

繰り返し叱られる方が、親や他人とのコミュニケーションの量が圧倒的に多く、小さい頃からの人間形成には、叱られることが欠かせないのだそうだ。

そうなんだ!

子供が叱られて、大人が怒る

これもコミュニケーションなんだ!

目からうろこ!!

また、親が繰り返し叱ることも大切だそうだ。

自分の親があきらめずに「ぼく・わたし」に関わり続けようとする行為そのものが、信頼関係や絆をはぐくむ基礎となる。

「だから叱り続けなさい」、きっぱりと言われた。

「叱られる子どもの方が豊かに育つのですよ」。

 

叱られる子どもの方が豊かに育つ

 

この話を見て、ホッと胸をなでおろしました。

なので、子供に怒ってばかりでお悩みのみなさんっ!

それが普通です。

親は子供に怒る

子供は叱られる。

普通の事なので、どんどん子供に怒りましょう!

(うちの事です)

 

◆補足◆2011/4/8

リンク先のライブドアのページが無くなっていましたので、本文を記載させていただきます。

【PJ 2007年01月07日】-

「子どもは言うことを聞きません。親は叱り続けるものです。

それで子どもも親も正常です。心配は不要です」と、威勢のいい声がとんだ。

昨年1月に保育園で開催された、子育て講演会での講師の言葉だ。

じっと座ることができず、何にでも手を出し取り出し、上がれる場所はすべて上り、走れる場所はすべて走る。そんなわが子を叱る日々。

子どもを叱ることはとにかく疲れる。いつまでもいつまでも叱り続ける、果てしない自分の行為に疲れる。

ここで子どものすべてを見逃し、ゆっくりテレビでも新聞でも見ていられたらどれだけ心が和らぐだろう。

そのような悩みと疲れを救ってくれたのが、冒頭の講師の言葉だった。

子どもは言うことを聞かない。親は叱り続けるもの。

それで子どもも親も正常。

どうしようもない子どもも、ヒステリックな私も「あっ、それで正常ですよ」という診断なのだ。

何となく気が抜けた。

叱られる子どもの方が親から学ぶことが多い。

いたずらや失敗をしない子どもは、親からも他人からも注意や関与をされることが少ない。

繰り返し叱られる方が、親や他人とのコミュニケーションの量が圧倒的に多く、小さい頃からの人間形成には、叱られることが欠かせないのだそうだ。

また、親が繰り返し叱ることも大切だそうだ。

自分の親があきらめずに「ぼく・わたし」に関わり続けようとする行為そのものが、信頼関係や絆をはぐくむ基礎となる。

「だから叱り続けなさい」、きっぱりと言われた。

「叱られる子どもの方が豊かに育つのですよ」。

新学期を目前に、心を新たに今年は子どもとどう向き合うか?と考えている方も多いことだろう。

子どもを叱るのは疲れ果てることだが、いい意味で「今年は子どもと思いっきりぶつかる年」と割り切り、向かい合ってみるのはいかがだろうか。

今年もまた、子どもたちとの格闘の日々が待っている。冒頭の言葉を支えに、わたしも今年1年、子どもたちに負けないように頑張りたい。そして、叱った数だけ子どもたちをしっかりと抱きしめたい。

スポンサードリンク

関連記事

no image

朝っぱらから泣いてる私

私は寝起きが悪いです・・・・ のわりに、夜更かしばかりしている。 まあ、自業自得なんだけど、やめられ

記事を読む

no image

小学生の子供は片付けない(03/06のツイートまとめ)

buririnburirin ママ友達と話した結果、小5で自分の部屋が散らかってる率100%であった

記事を読む

イライラ

兄ちゃんの宿題監視作戦っ!!

みなさんっ!! 小学生の子供がいらっしゃるみなさん!! 宿題っ!!! 宿題ってちゃ

記事を読む

イライラ

子供は親の鏡

兄ちゃん(小3)の性格は・・・ みっごっと、、、に、私とダンナの性格が混じっています。

記事を読む

no image

打たれ強い子供

うちの兄ちゃん(小2)が今まさにマイブームの「イナズマイレブン」 朝、登校の最中に暇だからと、歩きな

記事を読む

育児書、教育本の親を追いつめる言葉

私は今まで色々な、育児書、教育本等色々と読んできました。 それらの本は、子育て初心者にとってと

記事を読む

恥ずかしがり屋の弟君

弟君(幼稚園年中、5歳)は恥ずかしがり屋です。   数日前、幼稚園のお友達から

記事を読む

こどものハーネスについて

子供のや幼児、1~2才の子にハーネス(犬を散歩させるときのロープみたいなやつ)を付ける なんか

記事を読む

no image

子供に物の価値観を教える技

息子との今日の会話 「オレも、牙(仮面ライダー)ソーセージ食べたいな~」 「・・ふ~ん・・」 「買っ

記事を読む

no image

自分の子がヤンチャすぎだったら・・・?(幼児編)

この話は、やんちゃな子供の話だけど、小学生のはなしではありません。 どちらかというと、幼児。 1歳~

記事を読む

スポンサードリンク



Z会 小学生コース
資料請求すると(幼稚園~小2)自分で考えて楽しめる面白問題
(小3~)がっつり試せるお試し問題集がもらえます!
Z会のおもしろレビュー記事はこちら



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク


  • 管理人:およん
    12歳と5歳の2児の母です。
    寝起きが悪い、面倒くさがり、在宅ワーカー

    長男(兄ちゃん):やんちゃ、マイペース、うるさい

    次男(弟君):要領がいい、おとなしい:まじめ:犬のように可愛い

    旦那:うるさい、頭は切れる,、エセイクメン、やらない兄ちゃんの勉強担当
PAGE TOP ↑