*

普段の生活から幼児の脳を活性化◆1

公開日: : 賢くなる技

子供の脳には、ちょっとした刺激を与えてあげると、賢くなるのでは?と思います。
とくに3歳までに、人間の脳のシナプス(伝導回線)が増えると言われています。
だからといって、特別に「さあ、やるぞ!」って感じで、知育玩具やらカードゲームやら、買ってやるほどの事でもないと思います。
普段の生活で、ちょっとした工夫で幼児の脳に刺激を与えることができます。
・服は自分で選ばせる
小さい幼児でも取れる位置に服を置きます。
ここで、服がぎゅうぎゅうづめになっていると、子供が取り出しにくくなってしまいます。
断捨離して、着ない服サイズアウトの服は取っ払ってしまいましょう。
子供が自分で選べば、「今日は寒い」「その服は暑いよ」とか季節を教えることもできます。
色も教えることができます。
なにより自分で考えると言う事は、一番脳への刺激になるのでしょうか?
弟君(2歳4ヶ月)は最近こんな事をします。
靴下はまだ1人では履けません。
でも、私に履かせてほしいので「はい」と自分で靴下を選んで持ってきます。
弟君の最近のマイブーム
靴下の柄がバラバラが好き
洗濯を取り込むときは、ちゃんと靴下を同じ柄一組にしてしまってあるのに
ご丁寧に靴下の組をばらして、別々の柄の靴下を持ってきます。
「ちがーう、ったー(靴下)」
「この靴下、色が違うよー?いいの~?」
「うん!」
弟君は嬉しそうなので、私はバラバラ靴下を弟君に履かせてあげます。
すると弟君は左の足を指差して
「こっち、あお!」
「こっち、左のあんよは青だねー」
こんどは右の足に靴下を履かせてあげると・・
「こっち、あーよ、きーお!」
「反対のあんよは、黄色い靴下だねー」
と、お話します。
お母さんが柄を選んで子供に適当に履かせてしまう靴下だけど、こうやって子供に選ばせてあげると、とても子供には刺激になります。
他にも生活で、子供の脳に刺激あたえる技等あったら、UPしていきたいと思います。

新・片づけ術断捨離は楽天ブックスで
新・片づけ術断捨離はヤフオクで

スポンサードリンク

関連記事

no image

朝ごはんと学校遅刻しない、どっちが大事??

私が息子が小学校入学するにあたって、心に決めていたことがあります!! 学校遅刻しても、朝ご飯は絶対に

記事を読む

no image

小1息子への誕生日&クリスマスプレゼント

もうすぐクリスマスですね! みなさんは子供のクリスマスプレゼントって何にします? なんか、小学生にな

記事を読む

子供用品を断捨離

弟君(2歳5ヶ月)に絵を描かせようと、私がクレヨンを出して書いて見せても、あまり書かない弟君・・・

記事を読む

no image

幼児に漢字を覚えさせる技

子供に、漢字を覚えさせる技です! 子供が、こういう風に思ってはいけません! 「これ、なんて書いてある

記事を読む

no image

ドライブ中は、楽しくすごしましょう!

ドライブ中も、子供と楽しく過ごしながら、なおかつ頭も使って、遊べるゲームを、紹介します。 (4才、5

記事を読む

no image

音読が得意な子供にする技

自慢じゃありませんけどね、いや自慢なんですけどね うちの息子は音読が得意です。(鼻高) 学校の先生に

記事を読む

no image

ヨコミネ式保育園の動画観てチョー感動!!

いまさらなんだけど、ヨコミネ式ってなに?とか思い、調べてみる事にしました。 とにかく、すばらしい教育

記事を読む

no image

字を書こう!!

幼稚園児のみなさんっっ!! 字、書いてますか?(3才、4才、5才、6才)  うちの息子、字とか絵とか

記事を読む

no image

弟君、とパズル

頑張ってやってます。 出来なくて上手くはめれなくて、ちょっと泣きべそ(笑) やっと出来たーー じ

記事を読む

no image

幼児の想像力を育てあげてね!

子供は想像力を働かせて、脳が作られているのでは?と思います。 私は子供の頃、色々な不思議体験をしまし

記事を読む

スポンサードリンク



Z会 小学生コース
資料請求すると(幼稚園~小2)自分で考えて楽しめる面白問題
(小3~)がっつり試せるお試し問題集がもらえます!
Z会のおもしろレビュー記事はこちら



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク


  • 管理人:およん
    12歳と5歳の2児の母です。
    寝起きが悪い、面倒くさがり、在宅ワーカー

    長男(兄ちゃん):やんちゃ、マイペース、うるさい

    次男(弟君):要領がいい、おとなしい:まじめ:犬のように可愛い

    旦那:うるさい、頭は切れる,、エセイクメン、やらない兄ちゃんの勉強担当
PAGE TOP ↑