*

字が汚い子供の対処法

公開日: : 国語

兄ちゃん(小2)が冬休みに入りました。
終業式が終った後の楽しみは、子供にとってはクリスマス(サンタさん)かもしれないけど、親にとってはやはりっ・・・・
通知表!!
ですよね~~
私もダンナも兄ちゃんの事を「出来るヤツ」と思っているので期待は
!!
しかし・・・・
現実は・・・・・
父「なんか◎が少なくない・・・・・・・・?」
母「・・・・・・んー・・・・少ない・・・・・・・・・」
というのがいつもの感想・・・・
我が小学校は、◎(良くできました) ○(普通です) △(もっと頑張りましょう)
の三段階
どうも納得がいかない
◎が全体で3個くらいしかない・・・
九九もすげー速さでできるし、文章問題も理解できる、音読も得意だし、読書も好き。
なのにこれらの項目はただの ○
しかも、今回、初 △ をいただいてきてしまったのです(涙)
「さ、△なんてあったんだ!!」
というくらい、今まで △ つけられた事なし
ママともに聞いても △ がつけられた子供の話も聞いた事なし!
まじ、初△っ!!
項目はと言うと
「点画の方向や間隔、交わり方や字形に気をつけて書くことができる。」
つまり、字が汚い!!
そして、字が汚いために、テストは×!!
100点が満点が取れない
なので、通知表だって◎がもらえない、と言う悪循環なんです・・・
私は以前こんな記事を書きました。
字が汚い子供に朗報
で、字が汚いからと言って兄ちゃんに字の書き直しをさせていたら、時間の無駄なのではないか?と言う記事です。
その事をダンナと話し合い、字の書き直しはやはり時間の無駄と言う結果になり、それ以来字の書き直しをさせていなかったのです。
しかし、学校の先生はそうもいかないらしく、連絡帳は赤い字で添削つき。
テストは×、もしくは書き直し
挙句の果てに 通知表で △
本当にこれでいいのだろうか・・・・・・・・?
という訳で、検索で調べたところ
小一の子供の字が汚いです(Yahoo!知恵袋)
という、うちの子かーっ?っつーくらいそっくりなケースの悩み事が・・・・!
>その際10分ほどの時間で終わるなら後ろから見ていて、読めない字だけを指摘するといいでしょう
>小学校低学年の頃は、呆れる程汚い字を書いていたので書道を習わせてみても一向に直らなかったけれど、小学校高学年頃から結構綺麗な字を書くようになってきて・感心したものでした
勉強の都市伝説(2)できる子供は、字が汚い
>文字は他人に判別できる程度で、とにかく速く書けることが最重要だ。
なるほどーーっ!
・字を書き直させてる時間が無駄
・字が汚くてテストの点が悪くても、実際には答えが合っていればいいのでは?

で、OKじゃないですかっ!!
まさに、うちの兄ちゃんの事です。
っつー訳で、読めない字のみ、書き直させている(私はそれでも半分以上は見逃しています)今日この頃です

スポンサードリンク

関連記事

そんな日本語ありません!

buririnburirin兄ちゃん(小4)の国語のプリント見たら、   「大きな」と

記事を読む

no image

陰山学級「徹底反復漢字プリント」を買ってみた

兄ちゃん(小2)は字を書くのが大嫌い・・・ どらゼミをやっていても、漢字練習のページになると、今まで

記事を読む

初めての国語辞典!(チャレンジ小学国語辞典)

小1の息子に国語辞典買うぞ~のつづき 前回小学国語辞典を買うに当たって、目星を付けた、この3点

記事を読む

no image

子供に作文を上手く書かせる技

これをご覧ください・・・ 字が下手で何て書いてあるのか判らないので、見たくないって?? 漢字が一つ

記事を読む

no image

小1の息子に国語辞典買うぞ~

小学校1年生の息子が、 「この漢字よめな~い・・・」 「どれどれ・・ ・・・・・・・・・・・ ああ、

記事を読む

お風呂で知育

お風呂で知育(忙しい時用)

私は家で仕事をしています。 夕飯食べた後だって仕事してます。 なので・・・なので・・・・

記事を読む

スポンサードリンク



Z会 小学生コース
資料請求すると(幼稚園~小2)自分で考えて楽しめる面白問題
(小3~)がっつり試せるお試し問題集がもらえます!
Z会のおもしろレビュー記事はこちら



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク


  • 管理人:およん
    12歳と5歳の2児の母です。
    寝起きが悪い、面倒くさがり、在宅ワーカー

    長男(兄ちゃん):やんちゃ、マイペース、うるさい

    次男(弟君):要領がいい、おとなしい:まじめ:犬のように可愛い

    旦那:うるさい、頭は切れる,、エセイクメン、やらない兄ちゃんの勉強担当
PAGE TOP ↑